毎年年賀状は手書きで書いています。

書く枚数は20枚くらいでしょうか。来年度の干支のイラストも簡単に書き、色鉛筆やマジックなどで着色します。絵を描くことは得意ですので苦になりません。

あいさつ文の他、近況なども書いています。

パソコンでのプリントアウトや印刷などの年賀状の多い中で、我が家の年賀状は表も裏も完全手書きなのでかなり目立つようです。親しみがあって良いと評判はとてもいいです。

余白がある場合は市販で買えるおみくじシールを貼ります。このシールはたぶん全部が大吉なのだと思うのですが、新年早々、大吉がでた、縁起がいいと喜ばれたりします。

イラストを描いたりするので、1枚にかかる時間が多いのですが、年賀はがきが発売になるとすぐに購入し、1日1枚のペースで丁寧に書いていきます。

こんな風に書くようになってから20年以上たつでしょうか。こたつに入りのんびり干支のイラストを書きながら、12年前はどんなことがあったんだっけと思い出にふけったりしながら年賀状を仕上げていく作業はとても楽しいです。