個人で税理士の仕事を始める前はサラリーマンでした。

個人事業主といっても、最初は税理士で始めたわけでなく、アパートを経営するようになって、資産管理を自分の手をしたいと思い、資格をとったのがきっかけです。

税理士なら儲かるのではと思われる方も少なくありませんが、現状は飽和状態にあり、新規のお客様を見つけるのは難しいです。また単価も下がった気がします。

税理士になって一番必要なのは営業力だと思いました。僕の場合はメインの仕事として税理士の仕事はしてなかった事もあり、フリーランスでお仕事する方から紹介を受けては仕事をするスタイルでしたので、営業努力はあまりしてないと言えます。

反対に税理士に依頼する方のほとんどが知人からの紹介等のツテを利用するケースが多いと聞きます。

初めての利用者に報酬面での不安はあると思いますし、どこまで業務をしてくれるのかも不安だと思います。

また飽和状況の中でも質の悪い先生もいると聞きます。税理士をご利用の場合このあたりが不安ですが、自分でもPCに確定申告用のソフトを入れる事や、最低限1回は誰かの助けを貰ってもいいので、自分で確定申告に行く事をお勧めします。

一定の流れがわかると自分には必要なのかどうかもわかるし、面倒だからここは依頼しようととかもわかります。わかると青色申告の有利、不利もわかるし、会社の経営もわかります。

全く知らないので全部お任せという行為をしなければ、有効に税理士を使いこなし、経営のアップにつながると思います。