事業を始めたい、会社を起こしたい時には税理士に相談しましょう。ささいなことでも、まずは専門家に相談するのが近道です。

帳簿のつけ方が分からない、確定申告をしなければならない、不動産を買いたいなど、生活の中で税理士が役に立つ時はこんな時です。

法人の場合の顧問料の目安としましては、年間の売り上げが1億円を超えると、月1回の訪問で、月に6万円ほどの顧問料金が発生しています。値段はあくまでも目安ですが、相談に応じるようになっています。

税理士と言っても経理や財務の全てを任せることもできます。

要は、相談一つでどこまで引き受けてくれるかということを、値段(報酬)と相談して決めるということです。

税理士に領収書を渡すだけで、全てを任せるという方法もありますが、会社の中身が分からないようでは、未来が不安になりますので、任せていても財務状況には目を通すようにしましょう。

税理士を探している人は、税理士を紹介してくれるところがありますので、自分の合いそうな税理士を探してもらうこともできます。

節税に強い税理士もいてますし、銀行からの融資、資金調達に強い税理士も存在しています。
自分の年齢に近い税理士を紹介してくれることも出来ます。

望むことがあるのであれば、一度全ての希望を吐き出してみましょう。全て叶うかもしれませんし、叶わないことの方が少ないと思います。

税理士からすると、その会社の相談者がお客さんになるのですから当たり前なのです。

分からないことは、どんどん聞いて解決して行きましょう。