会社経営をしていると将来はこういう事業展開をして、それが計画通り出来ているのか振り返ってみるものです。ところが、財務(特に資金繰り)になると出来ていない経営者が多いです。

起業している友人を見ていると、独立した当初は閑散としていたオフィスも今では様々なもので溢れかえっています。

私の場合、気づいてみると借金が意外とありました。でも、それは金融機関からの借金ではありません。いわゆる買掛金、売上の入金より仕入や外注の支払いが遅いので、その浮いたお金を使ってしまってたのです。

今お付き合いしている税理士は言ってくれました。「もし社長が急に病気になって一か月仕事ができなかったとしたら、取引先に支払いができなくなります」。その時初めて資金繰りの大切さに気づいたんです。

経理も将来の展開を考えて、それができているか振り返ることが大切なんだと。それまで年に一回だけのお付き合いでしたが、四半期に一回来ていただくことにしました。財務上の問題を見つけ、解決方法を決め、解決しているのかを共に振り返っています。

その結果、弊社の財務諸表を見て、金融機関の担当者が「融資しますから検討してください」と言ってくれるようになりました。